いつも訪問して下さって
ありがとうございます🎵

余命10年
映画実写化されるそうです。
この本を読んだことがありませんが、以前本屋さんに行った時
手に取り眺めた時がありました。
原作者の方は病気でなくなっています。
もしかしたら、自分の病気を題材に執筆されたのかも知れません。

余命は
数カ月~数年
のイメージでしたが。

余命10年。

常に死を感じながら生きて行かなくていけないのでしょうか。
10年。
長いようでやっぱり短い。

私は、死ぬことよりも生き長らえる事に今は重きをおいているので、
毎日楽しいと感じながら生きようと必死です。

だけれど、死がずっと纏わりついた状態で生きていくことを考えた時。

どうしても前向きな気持ちではいられない自分がいつもどこかにいると思います。

死は・・・怖いです。
今年の健診の再検査で思う存分、死の恐怖を味わいました。
死ぬことは怖い。

その恐怖をひしひし感じながら余命10年を宣告されて生きていかねばならないなんて。
心が崩壊してしまいます。

図書館に蔵書があれば読みたいと思って検索しましたが残念ながらありません。
病気じゃなくても、明日突然不慮の事故で死ぬかもしれない。
死とは常に隣り合わせで生きているんだ。
だからこそ、1日1日を大切に生きていきたいと思う。
でもそうも出来ない日もあるんだよね。

楽しい思い出。
天国に持ち込めるのかな。
全て一切合切何もかも消去されてしまうのは悲しい。

全て楽しい事に塗り替える事は出来ないけれど、
私は私なりに頑張らなくちゃ。

でも頑張れない日は自分の事そっとしておこう。

朝↑この記事を書いたあと出勤途中に
大型トラックを追い抜こうとする対向車のトラックが車線をはみ出して私の車とぶつかりそうになった。(T_T)

怖くて涙目になりました。

死は隣り合わせだなと改めて感じた。

後悔しないように自分の言動も注意しなくちゃいけないのに、わたしの心が腐りかけている。

頑張らない自分も認めてあげなくてはいけない。肩の力抜いて、リラックマリラックマ🐻












マクロミルでアンケート頑張ってます♪
アンケートモニター登録

🎵ランキングに参加しています。
宜しければポチッとお願いします🎵



にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

 


節約・貯蓄ランキングへ